本日、9月7日の日本経済新聞の全国版に、弊店商品のショッピングリハビリ®が掲載されました!

日本経済新聞(9/7)より

 

 

ショッピングは高齢者に欠かせないリハビリになる

記事には、小規模多機能型居宅介護やサービス付き高齢者住宅の利用者や入居者で、一人ではショッピングに出歩けなくなってしまった方々が再びスーパーで買い物が可能になったこと、そしてショッピングという昔から馴染みある生活行為が大切なリハビリとなることが分かりやすく説明してあります。

 

今までにない商業施設と介護施設の連携スタイル

ショッピングリハビリ®は、介護施設と商業施設が密に連携しあって可能になるリハビリプログラムです。
記事内には、兵庫県神戸市のコープこうべ様とデイサービス運営会社セラピット様との取り組みが一例に紹介されてますが、このような商業施設と介護施設が連携し、かつ継続運営するプログラムは今までにないことです。

 

これからショッピングリハビリ®の普及が期待される理由

現在は試験的な取り組みですが、これから高齢化率が高まる我が国では、

 

  • 国は社会保障費の削減を図りたい
  • 介護施設はご利用者にいつまでも元気で生活して欲しい
  • 商業施設は高齢者も顧客として迎え入れたい

 

という三者の思いが更に強まります。
その思いに応えられる数少ない取り組みが、ショッピングリハビリ®です。
高齢者がずっとお元気でショッピングが続けられたら、

 

  • 国は社会保障費を抑えられる
  • 介護施設は元気なご利用者と活気ある施設運営が出来る
  • 商業施設は高齢者に買い物してもらい利益が上がる

 

見事、三者の思いが叶えられます。
先日のWBS(テレビ東京)を始め、ショッピングリハビリ®や楽々カート®は今まで数々のメディアで紹介されてきました。それは、こうした理由があるからなんですね。

これからもショッピングリハビリ®と楽々カート®から目が離せません!!

 

 

関連記事:

 

 

ショッピングリハビリの詳細はこちら

ショッピングリハビリ バナー

 

 

テレビ東京さんが8月24日のWBSで私共を紹介下さった放送をYoutubeに動画アップされてますので、放送を観ていない方は、是非ご覧くださいね!

 

 

お問い合わせフォーム