今月から弊店むとうドットコムでは、光プロジェクト株式会社(http://act.upper.jp/)がリリースしている『ショッピングリハビリ®ならびに『楽々カート®の販売を開始いたしました。

 

図1

 

詳細はコチラ

 

すでに西日本では関西・中国地方を中心に数多くの新聞やテレビの取材がされており、ご存知の方も多いと思います。

このショッピングリハビリ®は、ショッピングセンター等でのお買い物活動を高齢者や障がい者のリハビリテーションの場にしようという、今までにない新しいカタチのリハビリテーションプログラムです。
「あのお店でお買い物がしたい」という目的のもと実施されるリハビリテーションは、高齢者のモチベーションを高く引き上げ、今まで歩くことを諦めていた方でさえもきっと興味を持たれることでしょう。

 

 

弊店がこの度、この素晴らしいリハビリテーションプログラム「ショッピングリハビリ®」の販売取扱店となることで、東日本のスーパーや介護施設でも導入が容易になりました。

 

 

 

スーパーマーケット等でのショッピングという行為には

  • 広い売り場を「歩く」
  • 歩きながら商品を「見渡す」
  • 必要な商品を「探す」
  • 自分に合う商品を「考える」
  • 売り場や商品のことが分からないときに「尋ねる」
  • 予算内の買い物になるか「計算する」
  • 他の買物客にぶつからないように「注意する」
  • 精算時にお金を指先で「取り出す」

 

など、必要な動作がいくつも考えられます。
これらの動作が上手に組み合わさり、ショッピングという行為が成立します。

でも、これだけではないですね。
ショッピングをする楽しみや生きがい、高齢な自分でもやれるという自信の回復、他者との交流による社会参加など様々な要素が含まれています。

 

ショッピングにはこれらの能力をリハビリする環境が存分に備わっているのです。

 

 

 

このショッピングリハビリ®を考案した光プロジェクト社長の杉村卓哉氏は、弊店代表と同じ作業療法士のリハビリ国家資格をお持ちです。
高齢者を光り輝く「光齢者」にしたいと杉村社長は常々言っておりますが、この取り組みが全国に普及すれば、日本は間違いなく「光齢者」だらけになりますね!

 

弊店から「楽々カート」を購入されたご利用者様。「光齢者」の笑顔です!!

 

弊店も素晴らしいその取り組みに同じ作業療法士として賛同し、東日本最初の販売店として皆様にご案内出来ることをとても嬉しく思っております!

 

 

今回はリハビリ・介護専門職の視点から書いてみました。
次回はショッピングセンターの視点から書かせていただきますね。

 

 

詳細はコチラ

 

ご興味のある介護施設様、ショッピングセンター様のお問い合わせを心よりお待ちしております。

 

.

お問い合わせフォーム